LP12バランス出力

Y様よりLP12の出力をバランス化してほしいとのご依頼がありました。LINNから「T-KABLE XLR」というDIN-XLRケーブルが¥66,000で発売されております。Y様のシステムはEKOS、KEEL、LINGO、カートリッジはLYRA「HELIKON」。10年ほど前に納品させて頂き、去年軸受をKAROUSELにアップグレードして頂いております。

昨日、バランス入力のあるUESUGI「U-BROS220R」で音の確認しました。元々のケーブルとの比較はしておりませんが、メチャクチャ良い音が出てました。とてもホットで伸びのあるサウンド、大好きです!

今朝納品させて頂きました。アンプは去年導入して頂いたテクニクス「SU-R1000」です。内蔵のイコライザーも凝っていて音も良いと評判です。

最初はFRANK SINATRA「SINATRA AT THE SANDS」、JBL「S9800SE」からフレッシュなサウンドが飛び出します。Y様は「S/Nが上がって奥行きが出ましたね」。CHICK COREAとGARY BURTONのIN CONCERTはY様のテストディスク「これ調整が悪いとすぐ歪むんですよ」こちらも問題なくクリアしたようです。「戻ってきたら聞こうとダイレクトカッティングの盤を集めてました」とY様。パワーアップしたLP12を是非お楽しみ下さいませ。

Y様よりメールを頂きました。

素早いですね。あれから、SU-R1000のフォノイコのCartridge Optimizationを行なって、聞き直しています。Optimizeをかけた音は、一段と整った音で、良い感じでなっています。Optimizeなしの素の音も良いところがあって、コンテンツによって、使い分けても良いなという感じです。やはり、RCAケーブルの時より、S/Nが向上し、ヌケがよくなって、奥行きも出るようになったように感じます。ゲルギエフの春の祭典も、前より、迫力がある再生になったようです。本日は、暑い中、どうもありがとうございました。身体にこたえる暑さなので、気をつけてくださいね。

            *************

その後、毎日、結構な時間聴いていますが、多少はバーンインの効果もあるのか、一段と良くなってきました。菅原さんがよく話に上げている、

The Great Jazz Trio At The Village Vanguard Vol.1
Side1-1 Moose The Mooche

では、Tony Williamsのバスドラが、はじめて、「これ、これ、こういう感じだよなぁ」という鳴り方をしてくれました。Basieのようにはいきませんが、自宅での再生としては、これはこれで、十分満足できるかなと思っています。私の「無人島に持って行くならこの1枚」にあたる、Keith JarrettのSolo Concert(最初の3枚組のもの)も、過去最高の再生でした。MilesもColtraneもBill EvansもMonkも、すごく良いサウンドで、いろいろと聞き直しています。それから、まだ理由は分かりませんが、ヴォーカルものも良い感じです。

Y様、本当にありがとうございました!

上遠野 katouno@dynamicaudio.jp