お客様宅紹介 vol.197 ACCUPHASE & SONUS FABER & JBL SYSTEM

東京都K様

去年の12月に久しぶりにK様よりご連絡を頂きました。「アンプをグレードアップしたいんだけどC2900とA75の組み合わせはどうですか、A250じゃないと鳴らないですかね?」「鳴りますけど、比べたらそれはA250ですよ。お聴きになってみて下さい」と年末に比較試聴をして頂きました。結論はすぐ出まして年明けに「C2900」「A250」を納品させて頂きました。さて音の方、もちろん凄く良くなったのですが、何というか少しベースが弱く聞こえたのです。小型スピーカーならともかく大型のSONUS FABER「IL CREMONESE」とJBL「4367」をACCUPHASEのフラッグシップアンプで鳴らしているわけですからもっと出るはず。お部屋が影響している可能性があるとお伝えしてヴォイシングイコライザー「DG68」を提案し、2週間後に試して頂くことになりました。リスニングポイントにマイクを設置し測定すると60Hzから90Hzに大きな谷が出てます。「原因はここですね」調整を行うとチェロとコントラバスの存在感が際立ち演奏が大きくなりました。

それで完成のはずだったのですが、お電話で「イコライザー入れて凄く良くなったんですけど、家が太陽光で時間によって音が悪くなるんですよ。電源入れるとどうかなと思って」重たい「PS1230」を持って再度伺いました。これが想像以上に効いたのです!ごくわずかな音の滲みがとれて静寂感が増します。A級のモノラルアンプもあるため全ての機器の電源が取れるかが心配でしたので連休中お試し頂き問題ないのを確認し本日納品させて頂きました。「今まで聴かなかったスカルラッティのピアノを聴いたら感動しちゃって・・・こんなに良いなら最初に買えば良かった」と絶賛。オスカー・ピーターソンのピアノのタッチが目の前で演奏しているかのようなリアルさ。ポリーニのベートーヴェンも素晴らしかったです。音はもう言うことなし!凄い勢いで増え続けるディスクをご堪能下さい。

K様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓

https://dynamicaudio55552f.wordpress.com/category/setup/

お問い合わせは下記までお願い致します。

上遠野 katouno@dynamicaudio.jp