お客様宅紹介 vol.174 JBL「4367WX」 & ACCUPHASE system

東京都H様

ちょうど1年前、昨年の4月に「DP-560」をご注文頂きました。その時はLUXMAN「L-509U」、YAMAHA「NS-2000」のシステムでした。半年後に「A-48」、JBL「4367WX」と導入して頂きました。「最後はプリで完成ですね」と話していたのです。プリは「C-2450」と悩まれていらっしゃいましたが、買い換えるものではないとのことで「C-2850」に決定。本日「C-2850」「AD-2850」の納品に伺わせて頂きました。やはりプリ部のグレードアップは効果が高いです。ステージの奥行き、細やかさが違います。一度音を確認した後、電源の見直し、CDプリ間、プリパワー間のケーブルをバランス接続に変更したことで1段上の表現になりました。

TECHNICS「SL-1200LIMITED」DENON「DL-301II」そして「AD-2850」を使用したアナログ再生も素晴らしかったです。1時間ほどセッティングしているうちに音もこなれてきました。最初に聴かせていただいた「ワインベルガーのバイオリンとオルガンのための6つの小品」はすでに別物、柔らかく深々とした音の出方はJBLが“正しく”鳴っているからだと思います。「滑らかな良い音だな」とH様。雰囲気のあるリビングルームとこの音楽・・・素敵な午後の時間を過ごさせて頂きました。

H様よりメールを頂きました。

昨日は、納品、設置から各種メンテまで、大変ありがとうございました。 昨日から調整を進め、音が大分滑らかになってきました。 このJBL+アキュフェースのシステムは、繊細でパワフル、かつ艶のある音で非常に満足しております。 今後、楽しみながらじっくり調整してまいりたいと存じます。引き続き、よろしくお願いいたします。

H様、奥様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

https://dynamicaudio55552f.wordpress.com/category/納品例/

お問い合わせは下記までお願い致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp