お客様宅紹介 vol.155 JBL「S9900」 & LINN KLIMAX system

東京都M様宅

調整を終えKLIMAX DSMで再生したコルトレーンを聴きました。「ホント長かったな・・・」と感慨深いものがありました。

M様との出会いは7、8年前。ご友人のO様と一緒に来店されESOTERICの「K-05」をお買い上げ頂いたのが最初でした。O様はJBL「S4700」、友人同士が同時に購入されるのは初めてだったので良く覚えています。O様のシステムは何の問題もなかったのですが、M様はトラブルの連続でした。「K-05」の故障から始まり、次は真空管アンプ、その時は当社で取り扱いのないアンプをお使いでしたが、ハム音、ノイズが出たり出なかったり・・・。真空管の足を磨いて配線を見直すとその時は治まるのですが、翌日また再発したり。DSを導入して頂いた後はKINSKYを入れたIPADの動きが悪くて・・・他はもうおぼえてませんが色々ありました。問題点が満載のメールを読むのは頭が痛い一方、実は伺うのが楽しみだったり。それはM様と奥様のお話が面白いのと奥様の入れてくれる珈琲が絶品だからです。

12畳ほどのリスニングルームにJBL「S9900」LUXMAN「PD-171」PHASEMATION「EA-300」UESUGHI「U-BROS2011P」LINN「KLIMAX DSM/2」「KLIMAX SOLO」がセットされてます。セットさせて頂きました、が正確かもしれません。とにかく自分では触らないのです。以前カートリッジの交換をして針を折ったからと奥様に頼む始末。「ダメですよ、それくらい自分でやらないと。オーディオマニア失格ですよ」と言うと「僕はオーディオマニアじゃないから」と開き直られてしまいます。当然掃除も・・・。それでいて音はウルサイ。そんな方なので調整を任されたような感じ、そう依頼されたわけではないのですが、いつの間にかそんなことなってしまいました。LINNを導入して頂いてアンプノイズは解決しても音について色々言われました。多すぎるので省略しますが、音が薄いとか「K-05」の方が良いとか・・・。SPACE OPTIMISATIONも最初のはM様的にはNGで外されていたのですが、新しくなった時に再チャレンジ、配線、電源も見直しこれならという音がついに出ました。コルトレーンカルテットのバランスも良いし、何よりハートが伝わります。ハーンのヴァイオリンがスッと伸びる。JBLが「鳴った」ときの音です。翌日いただいたメールです。

昨日はお忙しい処ありがとうございました。
今日は長時間聴いてみました。
矢張り今までの中で、群を抜いて最高です。
根本的には部屋の問題等々あり、
しかしその制限下でのベスト状態に極めて近くして頂いたように思います。
勿論僕には調整方法について想像もつきません。
調整には、全く関心がないものですから、
おんぶに抱っこでお世話かけて、ありがとうございます。

嬉しいことに天ぷら屋さんでご馳走してくれるとのこと。M様は食通で寿司は金沢、懐石は京都、国内は当然としてフランスでも香港でも年中食べに行かれる方。今までもお誘いいただいたお店はどこも素敵なお店でしたが、今回も素晴らしいお店でしかも「上遠野さんの会社のすぐ近く」でした。紹介させて頂きます。

天ぷら「なかざわ」 

最寄駅は淡路町で御茶ノ水からも近いです。5555からは歩いて7、8分の路地を入ったところにある小さなお店です。落ち着いた雰囲気の中、揚げたての天ぷらがいただけます。旬の食材は豊潤で甘く軽いのでいくらでも食べれてしまいます。極上の天ぷらと日本酒を堪能させて頂きました。楽しく口福なひと時でした。

M様、奥様、本当にありがとうございました!ご馳走様でした!

その他のレポートはこちら↓

https://dynamicaudio55552f.wordpress.com/category/setup/

お問い合わせは下記までお願い致します。

上遠野 katouno@dynamicaudio.jp