加藤訓子/三善晃へのトリビュート – マリンバ作品集

加藤訓子/三善晃へのトリビュート – マリンバ作品集(CKD635)SACDハイブリッドディスク発売記念の発表会に参加させて頂きました。

加藤訓子が学んだ桐朋学園の学長を長年務めていた三善晃のレガシーを世界に広めたいという、彼女の堅い意志で制作されたアルバムです。 収録しているのはマリンバのソロのための全作品と、スコティッシュ・アンサンブルとの共演による協奏曲。彼女の思いが結実した、高い緊張感の中にも「うた」を強く感じさせる素晴らしい演奏となっています。 LINN RECORDSから邦人作曲家の作品集がリリースされるのは今回が初めて。日本国内流通分のみSACDハイブリッド仕様(海外は通常CDのみ)となり、定評の高品質録音を最大限お楽しみいただけます。 さらに、加藤訓子によるプロジェクトの解説と、三善晃自身の言葉を引用した作品解説を日本語で添付いたします。加藤訓子の演奏活動の新展開ともいえる、重要アルバムの登場です。 (ナクソス・ジャパン)

本日は加藤訓子氏とオーディオ評論家の山之内正氏、リンジャパン古川氏のディスカッションが行われました。加藤訓子×LINN RECORDS10周年記念盤ということでもちろんシステムはLINN KLIMAX EXAKT 350です。最初に聞かせていただいた組曲「会話」からマリンバの世界に引き込まれました。音の響き、とくに消え入るところの表現が際立って美しくまた多彩な音色にも驚かされました。現代音楽はあまり馴染みのない私ですが、三善晃の親しみやすくリズムや和声がとても楽しいです。LINN RECORDSの高音質録音でしっかりしたオーディオで聴くとより演奏家の集中とともに音楽の素晴らしさが伝わると思います。SACDハイブリッドディスクで9/25に発売とのこと。是非オススメします。

https://item.rakuten.co.jp/naxos/ckd635/

店に戻って早速再生していたところラックのご相談に来られたK様が入るなり「これ良いですね。打楽器好きなんですよ・・・誰のCDですか?」と言ってくれたのが嬉しかったです。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp