展示開始

どうもこんにちは。
傘マークが続いておりますが、猛烈と言えるような雨が降った地域も
でてきました。近年を思い返しますと猛烈な雨はどこかで起きてしまう事
避難できる備えをしておかないといけませんね。

さて、新製品の展示を開始いたしました。
olympicanova_1
Sonus faberOlympica Nova 3
希望小売価格はペア ¥1,400,000 +税という事で
サイズも置きやすく価格も150以下とお求めやすいモデルかと思います。

上位モデルとして『Olympica Nova 5』がありウーファが1発増え
一回り大きいボディサイズとなります。希望小売価格がペア¥1,950,000_ +税

ブックシェルフモデルが『Olympica Nova 1
希望小売価格がペア¥780,000_ +税 ※スタンド別売

2というモデルも存在しておりますが、日本ではまだ取り扱っておりません。

olympicanova_2
ネットを外した写真です。

価格としては『ELECTA AMATOR 3』と近くどちらの方がと考えてしまいそうですが
同じソナスサウンドでも少し違う表情が出るので好みでわかれそうです。
構成もトールボーイとブックシェルフなので大きく違いますが
リュート型のOlympica Novaと箱型のElecta Amator3
元々のコンセプトがだいぶ違う事を感じていただけるのではないでしょうか。

響きや低音の量感をたっぷり出すElecta Amatorに対して
セパレート化しているOlympica Nova3は低音に締まりがあり、全体の纏め方も
いくぶんクリアになっているように感じます。

製品ページをご覧いただくと単純比較ができない様子が散見されますが
どちらも何かが大きく劣るような音は出てこないと思います。

olympicanova_3
今作もボディサイドにバスレフスリットがあります。
個人的には内側にした方がベースラインが真ん中に定位するのでお勧め。
ヒートシンクのようなアルミカバーと上下をアルミでサンドイッチした
ボディ構造はHomage Traditionからの流れで制動の効いた音になるのは
この辺も関係していそうに思います。

olympicanova_4
以前のモデルは最上位モデルのみ固定されてた脚の部分は全てのモデルで
ボディと一体になりました。最初に脚を取り付ける作業はなかなか大変だったので
嬉しい変更だと思います。

olympicanova_5
ツィータ周りはアルミのダイキャストという事で剛性を高めているようです。

既に良いバランスで奏でていますが、エージングという面では
まだまだ変化がありそうな予感がしています。

常設展示ですので、ご試聴お待ちしております。

5555 / 2F Sound House / A.武田でした。
℡:03-3253-5555
takeda@dynamicaudio.co.jp