GrandARAY

どうもこんにちは。人気すぎてデモ機が用意できないほど…
という事でようやく聴けたこの製品を紹介いたします。
また現在、入荷待ちをしている方へもそろそろ国内に入ってくる目途が
立っておりますので、もう少しお待ちくださいませ。

CHORD COMPANYGrandARAY

今回の試聴機材
ESOTERICK-03XD』→McIntoshMA7200』→Sonus faberELECTA AMATOR3

手始めにCDプレーヤから装着してみました。
GrandARAY_1
リアの端子になります。最初はRCAタイプのデジタル入力端子に付けます。
ピアノと女性ボーカルのCDをかけますが、想像より大きな変化ではありません。
もっとガラッと変わってしまうかと思いきや基本は変わらず洗練される
印象の音が出てきました。

ノイズ除去という事で、高域の質感はなめらかになり低域は塊感がでてきますね。
だいたいこの手の商品は効果としては同じ言葉が採用されがちですが
加減の大小があるのだなとこの製品を聴いて思いました。

目立ち過ぎない変化なので力感が減少するという感想は出ない気がします。
ピアノがお好きな方はより鮮やかな色彩感が出るので気に入っていただけそうです。
先のCDに続き、ウッドベース・ピアノ・アコースティックギター・ドラム等が
入ったCDも使用し始めます。
アコースティック楽器の余韻表現が向上するのでピアノ以外を聴かれる方にも
お勧めできると思いました。

続いて、変化があるかと思いデジタル入力端子からデジタル出力端子に
差し替えてみました。これは環境や機材によって左右されると思いますが、
同じように効果を発揮し、指す場所の違いによる変化は感じられませんでした。

さらに続いて、使用していないXLRのアナログ出力に1本だけ指してみます。
これもデジタル部に接続していた時と同じような効果を感じますが、
気持ちの問題なのか左右に差があるような気がしてきます。
確認のためLR両チャンネルのXLRに差し込んでみました。

ここで元とは違う大きな変化を感じます。
ダンピングファクターが高いアンプになったようなキレの良さが出てきました。
この変化は好みがわかれると思います。
音がすっきりするので豊かさを大事にされている方にとって2本差しは
やりすぎに感じてしまうでしょう。

ここでXLRを方チャンネルだけにしてRCAにてデジタル部分との2本差しに
してみました。
たくさん聴いているので混乱が始まりますが、アナログ出力部への2本差しとは
明らかに違い、豊かさを残したまま1本の時より少し効果が強くなるような
印象の音でした。とても複雑です。

ここまで書いてきますと、1本は良さそうだけど2本目はリスクを感じる・
或いは不要かと思ってしまいそうですが、アンプにも使うという選択しも
ございます。

とりあえずCDプレーヤに1本付けた状態で、プリメイン側の
使っていないDAC入力に1本付けてみました。
個人的にはこの状態が1番良かったです。
どちらの機器からも悪影響が取り除かれ伸び伸びと、
そして豊かさとS/Nの良さのバランスが絶妙だと思っています。

このプリメインへの追加はDACでもアナログ入力でも
ブラインドテストでわかる程ではないと感じております。

それではCDプレーヤに1本付けた状態で、プリメインのDACとアナログに
1本ずつ刺してみます。
少しダンピングファクターが上がったように感じますが、CDに試したものと
同じような変化で違和感はありません。ではアナログ部に2本付けます。
さらにダンピングファクターは上がりますが、嫌な感じがないです。

ここでサラッと振り返りますが、CDプレーヤの場合は

なし → 1本どこかに →→ アナログ部2本付け

右に行くほどダンピングファクターの高さを感じる。
2本になると大きな変化と共に個人的な好みから外れる。
という感じでしたが、アンプ側なら2本いけるのか?!と改めて
CDプレーヤのアナログ出力に2本付け、他を撤去した音を聴くと
やはり好みじゃないし、調和も崩れたように感じました。

この時点で増やすとダメと思い込んでいた部分に不信感が出てきます。
そこで2本付けた状態でアンプのDACに1本付けてみました。

この状態だと何の違和感もなく調和してきます。
ダンピングファクターが上がったという面でもあるかもしれませんが
前後の空間表現が出てきたという方が適切に感じます。

プリメインのDACからアナログ部に変えても新たな変化は感じられません。

ではCDプレーヤのアナログ出力に2本、プリメインのアナログ入力に2本で
試すとこの製品を使った究極のゾーンに入ったかもと思う事ができました。
音1つ1つが立体的でありながら調和し浸透力があります。

自分の好みのせいもあるけど、「数を使った良い」というのは効果はあるけど
商売的な事かと思っていたのが打ち消されました。
GrandARAYを付けている製品と付けていない製品が混在する時に
追加するのであれば1つの製品に増やす前に、他の器機にも繋げる
必要があると思います。

さて、最後に…
結局は全部外したらそれが1番でした。になるかもと全部外します。
なるほど。全体的にグシャッと潰れて薄っぺらく感じました。
良かった…あった方が好き。

今回はRCAタイプとXLRメスタイプを使いました。


よりハイエンドな製品にもどうか試したいと思います。

5555 / 2F Sound House / A.武田でした。
℡:03-3253-5555
takeda@dynamicaudio.co.jp