D-10X

どうもこんにちは。

新製品をチラッと聴けたので感想を述べます。展示したいですねー
luxman_d-10x
LuxmanD-10X
ディスプレイが大型化したのが前身からの大きな変化に見えますが
トレー部分も大型化しております。
シャッター付きが唯一になってしまったのかな。

完璧な製品にするため発売が遅延しました。との事。

Luxman_d-10X_2
フロントパネルがボディから浮かびあがるようなデザインは現物を見て
初めて気がつきました。
また、シャッター機構のためフロントパネルに当たらないよう入れ込む形で
CDディスクをセットするのは動作に慣れるまで気を遣うかもしれません。
しかしシャッター部分を極限まで薄くしたフロントパネル側に持ってくる事で
影響は最小限になるように工夫したそうです。

シャッターが閉まって、回転が始まるととても静かですね。
ガバッと開くシャッターは迫力があり贅沢でもあります。

音に関しては短時間の試聴でしたので簡単に申し上げますが、
良さそうです。D-08が登場した時は多くのお客様に評価をしていただきました。
D-08uになって少しハイファイな方向に振れた気がします。
新しくなってどうなるかと思っていましたが、とてもハイファイであり
柔らかさも感じさせてくれる音のように感じました。

詳しくはメーカーのページをご覧いただきたいのですが、ROHM社製のDACに
なっているとの事で、どこの国かと思えば日本の会社のようですね。
静けさと空気感に対する音の際立ちをさらりとこなしているような
自然な音になっていて、私が期待してしまうLuxmanの持つ温度感や柔らかさを
絶妙な加減で入れてきているような印象でした。

この価格帯にはAccuphaseがいて、Esotericも新型を出してきて
ライバルが多い分、迷ってしまいそうで優劣を見極めないとと思ってしまいがちです。
ですが、3社それぞれの音は全く違う方向で確立しているように思います。

お好きな音を選んでいただきたい。
今回の新型はLuxmanEsotericも新しい時代への突入を思わせる
新しいサウンドです。

5555 / 2F Sound House / A.武田でした。
℡:03-3253-5555
takeda@dynamicaudio.co.jp