TECHDAS「Air Force III Premium 」お聴き頂きます!

P1011155

Stereo Sound GRAND PRIX 2018 on stage!

ということで今年のステレオサウンドグランプリを受賞した商品が続々と当店にやってきております。

https://cimanydaudio.wordpress.com/stereosound-grandprix-on-stage-2018/

本日は当フロアでリクエストしたモデルの第一弾がやってきました!TECHDASのアナログターンテーブル「Air Force III Premium 」です。ブラックアルマイト光沢研摩仕上げのシャーシ、砲金のプラッターの仕上げは隅々まで冴え渡っていてジャパンメイドの誇りと別格の精度を感じることができます。

さて、AIR FORCEシリーズといえば次の2つが大きなポイントです。

1、レコード盤をプラッターに吸着させ版の反りを解消するエアーバキュームシステム
2、重量級のプラッターを空気の力でフロートし、振動系とレコード盤面をアイソレートすることを実現するエアーベアリング機構

これだけの内容ですとどうしても大型になってしまいがちですが、Air Force III PremiumはI、IIと比べ格段にコンパクトに設計され通常のラックにも十分に乗るサイズとなっています。エアフォースの魅力を現実的なサイズ感に凝縮したモデルとなっています。

「Air Force III Premium」は何が”プレミアム”なのかというとプラッター。Air Force IIIのプラッターがアルミニウム製(9kg)に対し Air Force III Premium のプラッターは砲金製、そして重量は29kg!この重量だと普通は軸受の負担が気になりますが、エアーベアリング機構によりプラッターを空気の力により浮上させているため全く問題ありません。(軸受は位置決めのみの補助的なもの)3倍以上重量増がS/Nの良さ、ダイナミックレンジ、安定感の向上に繋がっているのは間違いありません。

音質上の観点からベルトは緩めにかかっています。また重量級のプラッターのため他のプレーヤーと比較すると回転数が安定するまで(LOCK表示が出ます)は少し時間がかかります。ただ盤のかけかえは右端の「SUCTION」ボタンを押すとエアーバキュームシステムが解除されるのでプラッターは回転したままかけ替えは可能です。

今回展示したアナログシステムです。

ターンテーブル
Techdas  Air Force III Premium ¥2,600,000
https://www.stella-inc.com/techdas/index.html#lineup

トーンアーム
GRAHAM ENGINEERING PHANTOM Elite 10インチ¥1,800,000
https://www.stella-inc.com/graham/index.html

カートリッジ
Techdas TDC01 Ti ¥850,000
https://www.stella-inc.com/techdas/index.html#lineup

フォノイコライザー
Constellation Audio   PERSEUS ¥5,800,000
https://www.stella-inc.com/constellation/index.html

超強力なシステムなのは間違いありませんが、この音の重心の低い、重量感たっぷりのサウンドはプレーヤーに依るところが大きいでしょう。とにかく密度の濃い、ずっしりとした音を体で感じられるほどの充実したサウンドを送り出してくれます。レンジも広く、クリアさもアナログということを忘れますが、決して冷たくならないところ、純粋に音楽に浸れるところが素晴らしいと感じました。流石のサウンドです。展示は1/6までです。是非お聴き下さいませ!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

2F SOUND HOUSE FLOOR

電話 : 03-3253-5555 / 03-3253-2001

営業時間 : 10:00~19:00

広告