McIntosh「MA9000」展示しました。

batch_IMG_6802

当フロアでは来月にかけてマッキントッシュの新製品が続々と入荷します。本日展示しました「MA9000」は、300W + 300Wの最大出力を誇るマッキントッシュのフラッグシップ・インテグレーテッドアンプです。以前ご紹介した「MA7200」と同様、前モデル「MA8000」からは主にデジタル回路がリファインされており、USB入力によりDSD256およびDXD384まで対応。「MA7200」には搭載されていない8バンドイコライザー(25、50、100、200、400、1,000、2,500 、10,000Hz)がインプットセレクター、ボリュームノブと共に素晴らしい存在感を放っています。

batch_IMG_0389

以前からマッキントッシュとの相性は抜群と感じているメーカーの一つVienna Acoustics 、その「Beethoven Concert Grand SE」と組み合わせております。音量を上げなくとも感じる充実のサウンド。このスピーカーの持つ伸びやかさをよく引き出してくれます。150万円という定価はセパレートアンプの価格帯になりますが、この機能、音質に比肩する組み合わせはなかなか思いつかないものです。

上遠野

 

 

 

 

 

広告